axes surfrage

blog

25/1/26

Date:
2013/1/26
Author:
mar

こんばんは。

昨日からオンショア強が続く湘南。
朝の早い時間は若干風が弱くアウトに行けばそれなりに乗れる波もありましたが9時頃には風も強まりジャンクなコンディションとなりました。
明日も風が吹く予報ですが、次第に弱まりそうです
朝行く方は風をかわしてくれるポイント選び、ゆっくりスタートの方は風が弱まる頃が狙い目でしょうか。
さて、久しぶりに中古ボードが入荷しました。
サンディエゴフィッシュを語るうえでは外せないシェイパーの1人、ラリー・メイビルシェイプです。
LARRY MABILE
QUAD FISH 5"6"
250126 (2).JPG
250126 (4).JPG
250126 (7).JPG
250126 (5).JPG
250126 (6).JPG
250126 (8).JPG
250126 (11).JPG
250126 (10).JPG
250126 (3).JPG
ラリー・メイビル氏シェイプの5"6" QUAD FISH 
コンディションはデッキには使用上出来る程度のフットマーク、ボトム右レールにリペア跡(写真一番下の青マーク)がありますが、その他には特に気になるダメージはありません、コンディション評価中上といった良いコンディションになります。
フィンはサンディエゴフィッシュといえばLOKBOXのSPEED DIALERが付属。
SPEED DIALERはリッチ・パヴェルが考案のクアッドフィン、南カリフォルニアのサーファー達にはスタンダードなフィンです。
サンディエゴフィッシュといえばスキップ・フライ、ラリー・メイビルはスキップ・フライからサーフィン、シェイプ、そして生き方のスタイルなどを学んだと言われています。
そのためかラリーのシェイパーとしての信条は「メインストリームにいないようにする事」すなわち反骨心。
フィッシュがブームとなった近年、あえて商業ベースでは無く違ったデザインのシェイプを行ったりしている訳ですが、世界中からラリーへフィッシュのオーダーが後を絶たないと言われています。
ラリーはリチャード・ケンビンの「ハイドロダイナミカ」プロジェクトの最初のオーストラリアトリップへ同行しこのプロジェクトのためにも数本フィッシュを削り、このプロジェクトの旅でダニエル・トムソンと出会いコラボレーションモデルDT2モデルが完成しました。
今回販売のこちらのモデルはそのDT2モデルと言われています。
レトロ感よりはパフォーマンス的要素がやや強く感じられるデザイン、小波セカンドボード的な考えもありですが、しっかりとサイズのある波で楽しめるボードになります。
ショートボードからの乗り換えには最適な1本になります。
スキップから受け継がれるラリーのサンディエゴフィッシュ、お買い得な1本。
¥48,000(現金のみのお取り扱いになります)
本日ストックボードリスト更新しました。
ラリー・メイビルもUPしました、その他のボードも是非チェックしてみて下さい。
明日は午前10時から6時までの営業時間になります。
WEAR類は30%から最大50%OFFのセール開催中です。
海の行き帰りに是非ご来店下さい。
宜しくお願いします。
お問い合わせ
電話:0467?41?4504
メールはmar@axes-naia.com
Scroll to Top