axes surfrage

blog

2019/3/23

Date:
2019/3/23
Author:
mar
こんにちは。
暖かな日が続いていましたが、今日は冬に戻ってしまいましたね。
真冬の寒さに比べればそれ程ではありませんが。
皆さん体調を崩さないように気を付けて下さい。
本日は極上中古ロングボードをご紹介。
ボードのご紹介の前に、ちょっとお話を。
3月上旬にオーストラリア、ヌーサへと旅立った自分。
ご存知の方も多いですが、出発時のチェックインの際カンタス航空の規約により自分のボードはサイズオーバーで飛行機に載せてもらえず、ボード無し、フィンだけ持ってヌーサに向かいました。
初日は借り物のボードでサーフィンをしましたが、翌日にサーフボードを1本ゲットしに行く事に。
ヌーサといえば現在世界的に人気となっているトーマス・ベクソンのファクトリー、ショップがあります。
トーマスのショップへ足を運び1本のロングボードをゲットしました。
そのボードが本日ご紹介する極上の中古ボードになります。
"Thomas Surfboard"
Step Deck model
9"6" x 22-7/8" x 2-7/8"
20190323 (1).JPG
20190323 (3).JPG
ウェッジウッドストリンガーフォームを使用しています。
テールからノーズに向かってストリンガーが細くなっています。
20190323 (2).JPG
デッキのThomasディケール辺りからステップデッキとなっています。
ウェッジウッドとステップデッキのバランスでノーズライディング時に"しなり"が生まれるのでしょう。
20190323 (4).JPG
手書きのシェイプサインになります。
20190323 (5).JPG
フィンもトーマスのオリジナル。
ボードは使用しましたが、フィンは自分の物を持っていたのでトーマスのフィンは未使用です。
ヌーサでは以前に比べトーマス・ベクソンのボードが本当に多く、ローカルからも愛されているのがよく分かります。
ヌーサフェスティバルと同時に開催されたWSLの試合では、トーマスのチームライダー、ハリソン・ローチがStep Deckを使用していました。
ハリソンが使用していたのは多分9"8"だったと思います。
コンテストはヌーサのファーストでは無く、ビーチブレイクでの開催。
ビーチブレイクにハリソンがチョイスしたのがStep Deck。
とんでもないノーズライディングからの大きなカットバックを描いたり。
ヌーサのWSLをライブで観ていた方はハリソンのサーフィンを覚えていると思います。
幅、厚と程よいボリューム感、ボードも大袈裟な重さでは無いのでパドルもスムーズで速く。
気持ち強めのテールキックは掘れてくるブレイクにも安心して対応出来ますよ。
持ち帰ってからしばらく乗ろうかと思っていましたが、今回は良い状態のうちに販売致します。
4ラウンド使用のみ。
オリジナルフィン付属。
¥180,000-(税別)
クレジットカードも対応可能です。
先程店頭に並びましたので気になるお客様は是非チェックしにご来店下さい。
以上極上中古ロングボードのご紹介でした。
さて、5月12日までオーダーキャンペーンを開催しているTRUMP WETSUITS / THE BLACK
オーダー料が無料となっています。
春物、夏物、そしてGWトリップ用などウェットスーツのオーダーをお考えのお客様は是非このお得なキャンペーンをご利用下さい。
そして、2018年モデルの新品サンプルを定価から40%OFFにて数量限定で販売致します。
写真は3mmジャージ、3mmスキンのフルスーツ。
この他にもメンズ、レディースの3mmフル、シーガル、ロンスプなどをご用意しています。
20190323 (6).JPG

サイズはメンズがLのみ、レディースがMLのみになります。

既製サイズで着れる方にはこちらもお買い得です。

興味がありましたらご来店時に声をかけて下さい。

宜しくお願い致します。

明日24日は定休日になりますので宜しくお願い致します。

Scroll to Top